軽井沢の別荘の魅力を知る

軽井沢は夏でも涼しく、避暑地として人気があります。駅前はお土産やさんやカフェなどがあり多くの観光客で賑わっています。ホテルや別荘も多く全国から観光や秘書に訪れます。東京からのアクセスも新幹線の開通や、高速道路の開通などで大変便利になっています。日帰りも十分可能な場所です。別荘地としてはおしゃれなイメージが強く、女の子同士の旅行を計画する際に軽井沢を選びやすいです。高原ならではの雰囲気を満喫出来ます。手作りジャムの店や自家製ケーキが食べられるカフェなど女性に人気のショップが多いです。夏休みなどを利用して多くの人が訪れますが、日中は日差しも強く暑いですが、湿気が少なくさらっとしています。夜になると涼しくなりますので、長く滞在してエネルギーを充電する事が出来ます。テニスコートなども多く存在しますのでテニスを楽しむ事が出来ます。

軽井沢に別荘がある友達がいました。

大学生の時仲間に軽井沢に別荘を持っている友達がいました。もちろん親の持ち物ですが、夏場になるとそこへ遊びに来ないかと友達が誘うのです。それで夏休みになるとそこへ行っていました。夏休みの1週間ほどをそこで過ごしていました。親が会社を経営をしていてかなりのお金持ちだったのです。それで別荘へ友達を集めて楽しむという感じだったのです。これは今から思えばすごく楽しい時間でした。湖のそばに建っていたのですが。すぐ横が湖なのでそこで釣りをして釣れたらバーベキューをするのです。釣った魚を自分で食べるなんて経験がなかったのですごく楽しかったです。それとともにおいしかったのを覚えています。友達は全員で5人でした。5人いると楽しいのです。みんなで馬鹿騒ぎをして楽しんでいました。何か映画のワンシーンのような感じでした。また集まってみたいなと感じています。

軽井沢は別荘地として発展しました

軽井沢と聞いて、今上天皇と皇后陛下・美智子様が出会った場所と考えるのは、昭和の人間だからでしょうか。それまでは、軽井沢と言う土地も知らないと言う人もいたのですが、元々はカナダ人の宣教師・レクサンダー・クロフト・ショーが、別荘地として有名にしたと言われています。ここには、自然の美しさがあり、そこで暮らす人々とも上手に調和していることで、今も別荘地としての人気が衰えずにあると言われています。日本を代表するものになっています。しかし明治時代の終わり頃から、ホテルが建つようになり、観光客も増えて来て、今度は貸し別荘までが建つようになってしまいました。そこから今の街の原型になったと言われています。今では、すっかり観光地になってしまい、夏休みともなると、若い人たちで溢れ返っています。誰でも気軽に訪れることが出来る街へと、変換しつつあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)